青汁を飲んだときの効果

前へ
次へ

青汁を飲むと、様々な美容・健康効果http://www.linspire.com/m7.htmlが得られます。
栄養価の高い野菜や果物を原料としており、それらをバランスよく配合しているため、栄養素が効果的に体に働きかけるのです。

○整腸作用http://transreal.org/01.html#contents
青汁には食物繊維が豊富に含まれています。
食物繊維は腸内で余剰な水分を吸収して体積を増します。
便の量が増えると腸が刺激されるため、蠕動運動が活発になり排便が促されます。
このとき食物繊維は、コレステロールなどの有害物質を取り込んで排出されるため、腸内は好環境に保たれるのです。
また食物繊維や、こちらも青汁に豊富なオリゴ糖は、腸内の善玉菌のエネルギー源になります。
善玉菌が増えることで悪玉菌の繁殖や活動が抑制されるため、整腸に効果的です。

○老化防止
老化の原因の一つに、活性酸素があります。
活性酸素は細胞の働きを妨げて錆びつかせることで、体中の老化現象を引き起こします。
しかし青汁はSOD酵素、ビタミンC・E、カテキンなどの強い抗酸化作用をもった栄養素を豊富に含んでいます。
特にSOD酵素は活性酸素の抑制に優れていますが、青汁の原料としてよく使用される明日葉などのごく限られた食品からしか摂取できません。
複数の抗酸化物質が合わさることでより強力に活性酸素を排除し、若く健康な体を保つことが出来るため、青汁の服用は非常に効率的といえます。

○ダイエット効果
人の体内にはチトクローム酸化酵素という酵素があります。
チトクローム酸化酵素には、新陳代謝や脂肪を燃焼させる役割があるのでダイエットのためには重要です。
青汁に含まれるミネラルやビタミン群には、このチトクローム酸化酵素を活性化させる作用があるのです。
また、体に蓄積した脂肪を消費させる甲状腺の機能も、ミネラルによって促進されます。
ミネラルが不足すると体が酸性になります。
すると甲状腺の働きが鈍るので、甲状腺ホルモンの量が減少して脂肪が消費されなくなるのです。
ミネラルによって体の酸化を防げば、甲状腺の動きが活発になり効率的に脂肪を燃やすことが可能です。

ページのトップへ戻る